できるだけ痛くない・削らない・抜かない・神経を残す治療(MI治療)

「必要最小限の治療」を目指して

「必要最小限の治療」を目指してできる限り歯を抜かない、削らない、神経を取らない「必要最小限の治療」を行います。 この「できるだけ」というのは、“気をつける”というだけでなく、歯科用CTやマイクロスコープ、手作業での削除(歯を削ること)の併用など、科学的根拠に基づいた取り組みであることが大切です。 歯を大きく、多数残すことは、虫歯治療や歯周病治療の先にある、生涯のお口の健康を守ることにつながります。 大阪で無痛・痛くない、歯を残す歯医者をお探しの方は、TICONY DENTAL OFFICEにご相談ください。

できるだけ「痛くない」歯科治療

「無痛治療」への取り組み

表面麻酔の使用

注射麻酔をする前に、表面を痺れさせる表面麻酔を塗布し、針を刺したときの刺激を和らげます。

なるべく細い注射針の使用

極細の注射針を使用することで、注射針を刺し入れるときの痛みを和らげます。

電動麻酔器の使用

一定の速度で麻酔液を注入できる電動麻酔を使用します。手で行うときの注入速度の変化やブレがありません。

麻酔液を温めてから使用

人肌近くに温めた麻酔液を使用することで、冷たいものが触れたときに起こる痛みのような刺激を抑えます。

できるだけ「削らない」歯科治療

歯科用CTの導入

歯科用CT三次元の立体画像を撮影できる歯科用CTを導入し、歯の根の数・形を正確に診断し、精密な根管治療に役立てます。

マイクロスコープの使用

マイクロスコープ肉眼では見えないほど小さな虫歯、根管の治療には、視野を20倍にまで拡大できるマイクロスコープを使用し、余計に削ってしまうことを避けます。

機械と器具の併用で丁寧な虫歯除去

丁寧な虫歯除去電動のドリルに加え、手作業で細かく虫歯を削ることのできる「エキスカベーター」という器具を用い、健康な歯質をより多く残します。

できるだけ「抜かない」歯科治療

歯周病治療に力を入れています

歯周病治療歯周病を「生活習慣病」の1つと捉え、お口の中の治療に加えて、生活・食事・体質から根本的に改善していく治療を行います。 歯周病は、虫歯よりも歯を失うリスクの高いお口の病気です。若いうちから予防し、発症してしまったときにはしっかり治療に取り組むことが、多く歯を残すために重要になります。

歯の神経の治療(根管治療)でできるだけ歯を残します

歯の神経の治療(根管治療)虫歯が重度にまで進行すると、根管(神経・血管が詰まっているところ)にまで感染が広がり、削って被せ物を取り付けるだけでは歯を残せない状況に陥ります。 そういった場合にも、マイクロスコープを使って根管をきれいにして保存を可能にする「根管治療」を行うことで、歯を残せることがあります。当院では、根管治療にも力を入れ、できる限り、歯を残せるよう努めております。

「予防」が最も歯を削らない治療です

治療後もいい状態を長持ちさせるために

治療後もいい状態を虫歯や歯周病の治療をした直後は、お口の中の状態が以前より改善されているはずです。しかしその後、しっかり気をつけなければ少しずつお口の中が汚れていき、再発のリスクにさらされます。 治療後は、メインテナンスを経て、予防へと移行しましょう。治療部位のチェックだけでなく、プラークや歯石の除去、ブラッシング指導などが受けられます。 なお、予防歯科では歯を削る治療や痛みを伴う処置をすることはありません。もっともご負担なく受けられ、もっともお口の健康を守るために大切なのが、予防歯科なのです。

ADDRESS
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-18-7
ACCESS
Osaka Metro
「四ツ橋駅」・「西大橋駅」・「心斎橋駅」
各駅の4番出口より徒歩1分
診療時間 日・祝
7:00~17:00

※月~金曜日の最終受付 16:30
▲土曜日は、7:00~13:00(※最終受付 12:30)
休診日…土曜午後・日曜・祝祭日

完全予約制・急患随時受付

ご予約・お問い合わせ

TEL06-6536-0800