インプラント

インプラント治療で噛める喜びを

インプラント治療で噛める喜びを歯を失ったとき、インプラントという選択肢を考えてみませんか?
インプラントは、天然歯と同等の美しさを持ちながら、入れ歯やブリッジよりも強く噛むことができるシステムです。
見た目の回復のためにも、楽しい食事を生涯続けるためにも、ぜひ一度検討していただきたい治療法です。

インプラント治療のデメリットとメリット

インプラント治療のデメリットとメリットインプラントにも、メリットだけでなくデメリットがあります。
当院では、メリット・デメリットをしっかりご理解していただいた上で検討していただきたいと考えております。
分からないこと、悩んでいるポイントなど、何でもお話しください。

デメリット

  • 自費診療のため、費用が高い。
  • 手術、局所麻酔が必要
  • 治療期間が長い
  • 術後に一時的な痛み・腫れが出る

メリット

  • 天然歯と変わらない美しさが再現できる
  • ブリッジ、入れ歯よりも強く噛める
  • 顎の骨で支えるため、周囲の天然歯に負担をかけない
  • 健康な歯を削らない
  • 骨の吸収が防げる

インプラントとその他治療法との比較

インプラントインプラント 入れ歯入れ歯 ブリッジブリッジ
保険適用 なし あり あり
メリット
  • 天然歯と同じような美しさが再現される
  • 強く噛める
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 骨の吸収を防げる
  • 治療期間が短い
  • 費用が抑えられる
  • 精密な入れ歯も選択できる(自費)
  • 治療期間が短い
  • 入れ歯よりも違和感が抑えられる
  • 入れ歯よりも強く噛める
  • 人工歯にセラミックを使用できる(自費)
デメリット
  • 手術、麻酔が必要
  • 自費診療のため費用が高い
  • 治療期間が長い
  • 強く噛めない
  • 食べ物が挟まる
  • がたつき、違和感が大きい
  • 骨の吸収が進む
  • 金属のバネが目立つ(部分入れ歯)
  • 両隣の健康な歯を削る
  • 取り付け後も両隣の歯に負担をかける
  • 食べ物のかすが詰まる
  • 骨の吸収が進む

当院のインプラント治療

歯科用CT導入

歯科用CT導入インプラントを埋め込む顎の骨の状態を3D画像で確認できる歯科用CTを導入しております。今や、安全なインプラント治療には欠かせない設備と言えます。

世界的有名メーカーのシステムを導入しています

世界的有名メーカーのシステムを導入しています数あるインプラントシステムから、世界3大インプラントメーカー「アストラテック」の「アストラテックインプラントシステム」を採用しております。

アストラテックインプラントシステムについて

アストラテックインプラントシステムについてその特徴はなんといっても、最大限にまで高められた安定性です。その他、生体親和性や顎の骨との結合力も高く、総合的に非常に優秀なインプラントシステムです。

長期的な安定性に優れている

早期に顎の骨を治癒させ、同時にインプラントの結合を促すため、長期にわたって優れた安定性が維持されます。残存率98%を誇るアストラテックインプラントシステムが患者様のお口の審美性と機能性を長く守ります。

細菌感染を抑える独自の形状

円錐形の独特な構造が隙間の発生をほぼ完璧に抑え、細菌感染、つまりインプラント周囲炎のリスクを大幅に軽減します。

国内の歯科医院での採用実績が高い

以上のようなさまざまなメリットから、国内の歯科医院でも多数採用されています。
これまでに確かな実績を積み重ねてきたインプラントシステムです。

インプラント手術の際の注意点

  • 手術に向けて体調を整え、手術の前の日は早めに就寝してください。
  • 術後に腫れ、痛みがある場合は、皮膚の上から濡れタオルで冷やす、または痛み止めを服用するなどしてください。
  • 手術後に処方する抗生物質は、必ず指定された服用方法をお守りください。自己判断での服用中止はしないでください。
  • 傷の治癒を早くするため、しばらくの間は喫煙できません。
  • 手術後当日中は、飲酒、湯船に浸かる、激しい運動などの血行を促進する行為は避けてください。シャワーは浴びていただいて結構です。
  • 手術後、舌や指で患部に触れないように気をつけてください。また、お食事の際も、患部に食べ物が当たらないよう注意してください。
  • 手術後、異常を感じたときには速やかにご連絡ください。

インプラント治療の流れ

Step1カウンセリング・診査・術前検査

カウンセリング・診査・術前検査カウンセリングでは、患者様のお悩み・ご希望をお伺いし、また当院のインプラントについての説明を受けていただきます。
その後、口腔内の診査・検査を行い、お口の現状を把握します。虫歯・歯周病がある場合は、先にそちらの治療を行います。

Step2歯科用CTによる精密検査

歯科用CTによる精密検査顎の骨の状態、神経や血管の位置を把握し、インプラントが安全に埋入できるかどうかを判断するため、歯科用CTによる精密検査を行います。

Step3治療計画

治療計画検査結果から、治療計画を立案します。内容を詳しくご説明し、すべてにご同意いただけましたら、手術へと進みます。

Step4手術

手術インプラントを顎の骨に埋入し、一部を歯茎から出した状態で縫合します。

Step5治癒期間

治癒期間顎の骨とインプラントの結合を待つ期間(2~6カ月)です。この期間は、仮歯を使用します。

Step6上部構造作製

上部構造作製仮歯の使い心地を鑑みながら、最終的な上部構造(セラミックの人工歯)を設計・作製します。

Step7メインテナンス・定期検診

メインテナンス・定期検診インプラントを長く快適に使用していただくため、定期的にメインテナンスを受けていただきます。クリーニングだけでなく、咬み合わせの確認や調整などを含めたトータルチェックをいたします。

インプラントの費用(税込)

インプラント(上部構造含む)1本 ¥450,000
2本目以降 1本あたり250,000
インプラントポンティック1部位 ¥300,000

インプラントのQ&A

インプラントはどんな材料でできていますか?

チタンあるいはチタン合金が使用されます。強度と生体親和性を兼ね備えた、安全性の高い金属です。

インプラントは、誰でも受けられますか?

重い全身疾患をお持ちの方、妊娠中の方は、インプラント治療の適応外となります。

歯周病で顎の骨の吸収が進んでいるのですが、インプラント治療は可能ですか?

顎の骨の再生を促す処置によって、インプラント治療が可能になることもあります。現在歯周病の方は、先に歯周病を優先して治療されることをおすすめします。

治療期間はどれくらいかかりますか?

顎の骨とインプラントの結合にかかる期間によって異なります。当院では、結合力に優れたインプラントを採用しておりますが、治癒期間(結合を待つ期間)は2~6カ月とさまざまです。

痛みはありますか?

局所麻酔をしますので、手術中に痛むことほとんどはありません。手術後は、痛みや腫れが出ることがあります。痛みには痛み止めを、腫れには濡れタオルなどの冷却といった対処法をきちんとお伝えしますので、ご安心ください。

ADDRESS
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-18-7
ACCESS
Osaka Metro
「四ツ橋駅」・「西大橋駅」・「心斎橋駅」
各駅の4番出口より徒歩1分
診療時間 日・祝
7:00~17:00

※月~金曜日の最終受付 16:30
▲土曜日は、7:00~13:00(※最終受付 12:30)
休診日…土曜午後・日曜・祝祭日

完全予約制・急患随時受付

ご予約・お問い合わせ

TEL06-6536-0800