小児歯科

歯医者さんは怖くない!と思ってもらえるように

怖くない小児歯科怖くないと思うことができれば、痛みをきちんと言える子に、定期検診に嫌がらずに通える子になります。当院で、怖くない歯医者さんを体験してみてください。

安心して治療を受けてもらうために

安心できる小児歯科初めての場所で、知らない大人の前で、口を開けて、器具を入れられる――。 お子様の目線に立ってみると、不安になるのも仕方ないことが分かります。 当院では、お子様の不安を一つ一つ取り除いていき、安心して治療を受けていただけるよう努めております。

治療前のコミュニケーションと説明

コミュニケーションと説明を大切にする小児歯科まずは挨拶、そして何気ない会話から始まり、どんな場所なのか、どんな大人なのか、どうして口を診るのか、何をするのか、といったことをお話します。そうして安心していただいてから、治療へと進みます。

なるべく痛みを感じない麻酔

痛くない麻酔表面麻酔を行い、極細の針や電動麻酔、人肌に温めた麻酔液を使用することで、痛みや刺激の少ない麻酔処置を行います。

こんな小児歯科なら子どもと通いたい!と思えるように

ベビーカーOKのバリアフリー設計

バリアフリーの院内当院はバリアフリー設計です。ベビーカーや車いすをご利用の方も安心して受診していただけます。診療室までそのままお入りください。

個室診療室あり、落ち着いた環境での治療

個室診療室お子様が少しでもリラックスできるよう、個室の診療室をご用意しております。保護者様も、近くで見守ってあげてください。完全個室ですので、お子様が泣いてしまったときも安心です。

育児経験のあるスタッフ(看護師・助産師資格をもったスタッフがいます !)

看護師・助産師資格をもったスタッフ育児経験のあるスタッフ、看護師・助産師の資格をもつ副院長がおりますので、お子様のお気持ちに寄り添ったコミュニケーション、治療が可能です。

オムツ替えシートの設置・国産木製おもちゃをご用意

オムツ替えシート院内にオムツ替えシートを設置し、お子様に優しい国産の木製のおもちゃをご用意しております。小さなお子様の受診、小さなお子様をお連れの保護者様の受診の際も安心です。

乳歯の虫歯を放っておくとどうなるの?

乳歯の虫歯乳歯は永久歯より虫歯になりやすく、進行も早いため、予防や早期発見・早期治療がとても重要な意味を持ちます。 乳歯の虫歯を放っておくと、「噛めない」→「顎が正しく成長しない」→「永久歯がきれいに並ぶスペースが足りない」→「歯並びが乱れる」といったことが起こります。 歯並びの乱れは、虫歯や歯周病をはじめとするさまざまな口腔トラブルの原因になります。 生え替わるから乳歯の虫歯は放置しても大丈夫、ということは決してありません。

虫歯から歯を守るための予防処置

フッ素塗布

歯に高濃度のフッ素を塗布し、歯質を強化するとともに、歯の再石灰化を促します。
フッ素塗布は、乳歯が生えてすぐに受けられる、安全性の高い予防処置です。

シーラント

奥歯の溝をフッ素を含んだ樹脂で埋め、汚れが溜まるのを防ぎます。歯磨きもしやすくなります。

保護者の方にもご協力を

リラックスして付き添いを

保護者様がお子様を叱った時はもちろんですが、言い方がきつくなってしまい緊張していると、それがお子様にも伝染して緊張します。まずは保護者様がリラックスして「大丈夫だよ」と伝え、安心感をお子様に持たせてあげてください。

普段から歯医者さんの良いイメージを伝える

何気ない会話で耳にした「歯医者さんは痛い・怖い」という言葉を、お子様は案外覚えているものです。当然、受診するときは不安になってしまいます。不要な先入観を持つことを避けるため、「お口をきれいにしに行こう」「歯磨きしてもらいに行こう」といった言葉を使っていただければと思います。

治療を受けるメリットを説明

出がけにぐずってしまったときには、「ごはんがおいしくなるよ」「お口がさっぱりするよ」といった分かりやすい言葉で、歯医者さんに行くメリットを説明してあげてください。

お子様のご機嫌のよいタイミングで治療ができるように

機嫌が良いときは、それだけ受診もスムーズになります。お腹が空く時間帯、眠くなる時間帯の受診は、できるだけ避けることをおすすめします。

小児歯科のQ&A

1歳の子供が歯磨きを嫌がります。何か良い方法はありませんか?

保護者様が楽しいお話や歌を歌いながら磨いてあげると良いでしょう。楽しみが伴うことで、嫌だったことを気にしなくなります。

親の歯並びが悪いと、子供に遺伝しますか?

歯並びや顎の大きさは遺伝しますが、必ず歯並びが悪くなるとは限りません。5歳を目安に、一度歯科医院で歯並びを診てもらいましょう。

子供の指しゃぶりを治したいのですが…

3歳頃までは無理に治す必要はありませんが、それ以降も続くようでしたら、小児歯科、小児科などを受診されることをおすすめします。臨床心理士との連携が必要なこともあります。

子供が歯ぎしりをします。治した方がいいですか?

お子様の歯ぎしりは、基本的に軽いストレスによる一時的なものです。長く続く場合には、歯のすり減りが進んだり、顎関節症の原因になることもあるので、一度ご相談ください。

歯間ブラシを使ってすきっ歯になることはありますか?

歯間ブラシを無理に突っ込むことを繰り返していると、すきっ歯の原因になることもあるでしょう。歯間にすんなり入らない場合は、デンタルフロスを使ってください。

永久歯が生えてきたのに、乳歯がまだ残っています。大丈夫ですか?

乳歯がしっかりと根付いて残っている場合には、永久歯が正しくない位置で安定してしまうおそれがあります。できるだけ早く、歯科医院を受診してください。

朝の歯磨きは、食前か食後、どちらが良いですか?

食後です。食前(起きてすぐ)はうがいをすると良いでしょう。
時間的に余裕があれば、朝食の前と後、両方するのがベストです。

ADDRESS
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-18-7
ACCESS
Osaka Metro
「四ツ橋駅」・「西大橋駅」・「心斎橋駅」
各駅の4番出口より徒歩1分
診療時間 日・祝
7:00~17:00

※月~金曜日の最終受付 16:30
▲土曜日は、7:00~13:00(※最終受付 12:30)
休診日…土曜午後・日曜・祝祭日

完全予約制・急患随時受付

ご予約・お問い合わせ

TEL06-6536-0800