歯科コラム

2019.07.14

歯石取りって必要?痛い?歯石取りの頻度は? | ティコニーデンタルオフィス

歯医者さんでよく、「歯石を取りましょう」と言われますが、歯石ってなぜ取らなければならないのか、ご存知ですか?

歯石がついたままでも、痛くもなんともないですが、実はこれがついたままだと色々と困ったことが起きてくるのです。

目次

歯石って一体なに?

歯石って一体なに?歯石とは、歯の表面に溜まる白いカス=歯垢(しこう)が、唾液のミネラル成分によって固まってしまったものです。
歯垢は柔らかいので歯ブラシでこすると落とせますが、歯石は硬く、もはや歯ブラシで落とすことはできません。そのため一旦歯につくと、勝手に取れることもなく、だんだんと蓄積していきます。

歯石を取らなかった場合のリスク

歯石そのものには毒性はありませんが、歯石のザラザラした表面に細菌がくっつき、繁殖します。そのため、次のようなことが起こってきます。

  • 口臭がひどくなる
  • 歯周病が悪化する

歯石のデコボコした表面に入り込んだ細菌は悪臭を発生するようになります。
歯ブラシでいくら一生懸命磨いても、歯石を落とすことはできないので、口臭が消えることはありません。また、歯石にくっついた歯周病細菌が毒素を出し続け、歯周病を引き起こし、悪化させます。

歯周病は、重度でない限りほとんど症状を出しませんので、歯石がついて歯周病が起こっていたとしても、おそらくそれを自覚することはないでしょう。でも、放置していればいるほど、歯周病は確実に進んでしまいます。

歯石取りの頻度は?

歯石取りの頻度は?歯石のつきやすさというのは、お口の清掃の仕方、唾液の性質などによっても変わってきますが、一般的に勧められる間隔は3〜6ヶ月に一度程度です。

歯石をこまめに取るのは面倒だし、できればある程度溜まってから一気に取ってしまいたいと思われる方もいるかもしれません。

歯石取りは痛い?

歯石は長い間放置するほど硬くなって取り除きにくくなり、歯石を取るのに痛みも出やすくなりますし、その間に歯周病も進行してしまいます。
そのため、歯石はなるべく早め早めに落とすほうが、楽に歯石が落とせて、痛みも少なく、歯周病も進行させずに済むのでオススメです。

また、歯磨きの仕方によっても歯石のつきやすさが大きく変わってきますので、歯磨きの仕方を衛生士にチェックしてもらい、自分に合った正しい磨き方を教わるのも大変効果的です。

健康な歯や歯茎を長く保っていくためにも、定期的に歯石を落とすようにしましょう!

ADDRESS
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-18-7
ACCESS
Osaka Metro
「四ツ橋駅」・「西大橋駅」・「心斎橋駅」
各駅の4番出口より徒歩1分
診療時間 日・祝
7:00~17:00

※月~金曜日の最終受付 16:30
▲土曜日は、7:00~13:00(※最終受付 12:30)
休診日…土曜午後・日曜・祝祭日

完全予約制・急患随時受付

ご予約・お問い合わせ

TEL06-6536-0800