歯科コラム

2020.04.15

乳歯のグラグラ、どうしたらいい?

お子さんの乳歯がグラグラしてくると、どうしたらいいのか悩んでしまわれる親御さんも多いかと思います。今回は、歯がグラグラする原因、そして、どのようなケースで、歯医者で乳歯の抜歯をしてもらったほうがいいのか、などについてご紹介していきます。

乳歯がグラグラする原因

乳歯がグラグラする原因乳歯のグラグラのほとんどは、永久歯への生え変わりによるものです。しかし、グラグラが違う原因で起こることもあります。例えば、乳歯を強くぶつけてしまった場合、歯が虫歯でボロボロに崩壊して、その部分が取れかかっている場合などです。

グラグラの原因によって対処法は異なってきます。それぞれ見ていきましょう。

乳歯がグラグラした場合の対処法

乳歯がグラグラした場合の対処法■生え変わりによるグラグラの場合
ぶつけたり、大きな虫歯もなく、徐々にグラグラしてきた場合には、生え変わりによるものと考えて良いでしょう。この場合は自然に抜けてしまうことも多いため、通常は様子を見ても問題ないケースがほとんどです。

■歯をぶつけてグラグラしている場合
乳歯がグラグラしてきた原因が、明らかに「歯をぶつけた」ということであるならば、早めに一度歯医者さんで診てもらいましょう。永久歯への生え変わりの時期までまだ間がある場合、可能であればぐらついている歯をしっかりと固定する必要があります。

■虫歯でグラグラになっている場合
虫歯でボロボロになっている場合は、かけらが残ってしまう場合があります。痛みが出てくる恐れもあるので、一度歯科を受診しましょう。

■乳歯が生え変わるおおよその年齢

ちなみに、永久歯へ生え変わるだいたいの年齢は次の通りです。抜ける時期の参考にしてみてください。

A(前から1番目の前歯) ・・・ 6〜8歳くらい
B (前から2番目の前歯)・・・7〜9歳くらい
C (前から3番目の犬歯)・・・9〜12歳くらい
D (前から4番目の奥歯)・・・10〜12歳くらい
E (前から5番目の奥歯)・・・10〜12歳くらい

生え変わり、こんなケースは歯医者で相談を

生え変わりで、次のような状態が見られたら、一度歯科で診てもらうことをお勧めします。

■乳歯の下から永久歯が見えてるのに、なかなか抜けない
乳歯の下から永久歯が見えているのにもかかわらず、乳歯があまりグラグラせず一向に抜けないケースです。乳歯の歯根が順調に吸収されていない可能性があるので、早めに抜いたほうが良い場合があります。

■乳歯の隣から永久歯が出てきている
乳歯の真下からではなく、横から永久歯が生えてきた場合、乳歯がなかなか抜けない原因になります。乳歯が抜けてくれないと、永久歯がズレた位置に固定されてしまう恐れもあるため、このようなケースでは早めに乳歯を抜いたほうが良いでしょう。

■反対側の同種類の歯が抜けたのに、なかなか抜けない
生え変わりは、左右対称、同じ時期くらいに起こるのが通常です。片方がずいぶん前に生え変わっているのに、もう片方が全く生え変わらない場合、念のためにレントゲンで確認しておいたほうが良いでしょう。

■乳歯が抜けたのに永久歯がなかなか生えてこない
通常は、永久歯は乳歯が抜けてから比較的すぐに出てくるものです。乳歯が抜けたのちになかなか永久歯が生えてこない場合、なんらかの問題がある可能性もあるため、念のためにレントゲンで確認してもらうことをお勧めします。

■乳歯が虫歯でボロボロである
乳歯が虫歯で歯根のみの状態になっていたり、ボロボロになったりしている場合、永久歯への生え変わりが始まっても、乳歯がひとかたまりできれいに抜けないことがあります。例えば、複数あるうちの1つの歯根が吸収されないまま残ってしまったり、かけらが歯茎に埋まったままになってしまったりすることがあります。

乳歯から永久歯へきちんと生え変わるか、というのは、永久歯の健全な歯並びにも影響してくるものです。何か心配なことがあれば、一度早めに歯医者で相談してみましょう。
乳歯については当院の小児歯科まで。

ADDRESS
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-18-7
ACCESS
Osaka Metro
「四ツ橋駅」・「西大橋駅」・「心斎橋駅」
各駅の4番出口より徒歩1分
診療時間 日・祝
7:00~17:00

※月~金曜日の最終受付 16:30
▲土曜日は、7:00~13:00(※最終受付 12:30)
休診日…土曜午後・日曜・祝祭日

完全予約制・急患随時受付

ご予約・お問い合わせ

TEL06-6536-0800