早朝診療 朝7:00から診療中!
06-6536-0800

月-金 7:00-13:00 15:00-18:00

土  7:00-13:00 休診/日曜・祝日

診療予約
歯科コラム

歯科コラム

歯茎の色が悪い!原因と対処法

歯の色と同様、歯茎の色も多くの人のコンプレックスの原因になっています。歯茎の色が気になって、人前で笑えない、という方もいるのではないでしょうか。

実は歯茎は色々な原因で変色します。今回は、歯茎の色が悪くなってしまう原因と、その対処法についてご紹介していきましょう。

歯茎はなぜ色が悪くなる?

歯茎はなぜ色が悪くなる?
歯茎が悪くなってしまう原因として、いくつかの原因が考えられます。それは主に次のようなものです。

1.タバコ
タバコが肺がんのリスクを高めることはよく知られていますが、煙を吸って最初に触れる部分である歯茎にも悪影響を及ぼします。

まず、タバコから出る一酸化炭素は酸素不足を引き起こし、歯茎の色が悪くなります。また、ニコチンは血管収縮作用があるため、歯茎の血行不良を起こし、さらに歯茎の色をどす黒くしてしまいます。

そして、喫煙するとビタミンCが破壊されるため、メラニン色素が多く作られるようになり、歯茎の表面に茶色や黒色の色素が沈着してしまいます。

タバコの影響は周囲の人にも及びます。身近な人が日常的にタバコを吸っていると、煙を吸った人の歯茎まで色素沈着してくることがわかっています。

2.歯周病
歯周病が進行してくると、歯茎の血の流れが滞り、赤黒い色をした歯茎になっていきます。

3.メタルタトゥー
歯科金属により、周囲の歯茎が黒く変色してしまうことがあります。これは、金属が溶け出して歯茎を黒くしてしまっているもので、メタルタトゥー(金属の入れ墨)と呼ばれています。

4.歯科金属アレルギー
歯科金属アレルギーがあると、歯茎の色が黒っぽく変色してくることがあります。

5.神経を失った歯の影響
歯の神経を失った歯は、歯に栄養がいかなくなるので、だんだんと黒ずんできます。そうするとその色が歯茎から透けて見えて歯茎が黒く見えてしまうことがあります。

歯茎の変色への対処法

歯茎の変色への対処法
歯茎の色が黒くなっても、現在では様々な方法でその問題を解決することができます。
歯茎の色をピンク色に戻す方法としては、歯科用レーザーや薬剤で色素を取り除くといった方法があります。ただしこれらは主に、歯茎についたメラニン色素を取り除く方法となります。

歯周病やタバコ、歯科金属によって変色が起こっている場合には、その原因に対するアプローチ自体がまず必要になってきますので、歯茎の色にお悩みの方はまず一度ご相談ください。

PAGE
TOP