早朝診療 朝7:00から診療中!
06-6536-0800

月-金 7:00-13:00 15:00-18:00

土  7:00-13:00 休診/日曜・祝日

診療予約
歯科コラム

歯科コラム

保険診療と自費診療、何が違うの?

歯科の治療には、保険診療と自費診療(自由診療ともいいます)があります。何がどう違うのだろう、と疑問に思っている方もいらっしゃると思います。日本は、保険診療制度が他の先進国に比べて大変充実していますので、ほとんどの歯科治療は保険診療で治療が可能です。ですが、自費診療には保険診療では解決できない、様々なメリットがあります。詳しくご紹介していきましょう。

治療内容の違い

保険証を手渡す患者
保険診療は歯に痛みが出たり、噛めなくなったりした時に、痛みの除去、歯の機能回復をするというような、最低限の治療を保証するものです。つまり保険診療は「病気」があった場合にそれを解決するためのもので、それ以上のことはできません。保険診療は必要最低限の治療しか行うことができず、治療内容や治療材料が事細かく決められています。

自費診療はというと、保険診療のような細かな制約はありません。そのため、歯にトラブルが起こった場合でも、治療法の決まりがなく、より良い材料や器材を使用したり、時間をかけた精密な治療、お一人お一人に合った治療を受けることができます。

また、病的な異常がない場合の治療、例えば、歯並びをより美しく整える矯正治療や、歯をより美しく見せる審美治療、歯の健康を増進する予防治療などは保険が適用されませんので、自費診療になります。

使用する材料の違い

保険診療では、使える材料があらかじめ決められており、最新の材料やより良い材料などを使うことはできません。それにより最も問題が起こるのが、審美的な面です。例えば、銀歯が見えてしまったり、入れ歯の金具が見えてしまったり、材料の変色が起こってしまったりというようなことが挙げられます。また、金属アレルギーなどの問題が起こることもあるなど、健康面に問題が出ることもあります。

自費診療の場合だと、材料に縛りがありませんので、より美しく満足度の高いものを使用できますし、体に優しい材料を選ぶこともできます。

治療費の違い

治療費の面では保険診療は大変優れており、世界中を見ても日本のように質の高い治療を保険で受けられるところは他にありません。保険診療は加入している保険にもよりますが、0〜3割の負担額で治療を受けることができます。その点自費診療は全く保険がききませんので、保険治療の数倍、数十倍の費用がかかることもあります。

自費診療の良いところ

歯の模型と紙幣

自費診療の良いところは、治療方法、材料、使用する機器の選択肢が広がり、よりご自分に合った治療が受けられることです。それに加え、保険診療とは違って、より時間をかけた精密な治療が受けられるのもメリットです。

一般的に自費診療ではより手間をかけた、より質の高い治療が受けられますので、歯を良い状態で長持ちさせられる可能性が高くなります。そのため、長い目で見ると、自費治療が「高い」と言いきれないのも事実です。

治療を受ける際には、その辺のこともよく考慮に入れて決めていただくことをおすすめします。

PAGE
TOP