早朝診療 朝7:00から診療中!
06-6536-0800

月-金 7:00-13:00 15:00-18:00

土  7:00-13:00 休診/日曜・祝日

診療予約
歯科コラム

歯科コラム

深いう歯の治療をする根管治療とは?

深いう歯(むし歯)の際には、根管治療が必要となるケースがあります。根管治療を受けるかどうかで、その後のむし歯の状態が変わります。いわゆる神経を取り除く手術で、初期虫歯とは全く異なる治療を行います。ここでは、根管治療の必要性や治療の流れなどについて解説します。

根管治療の必要性

根管治療の必要性
う歯は、歯を溶かしていく病気ですが、進行すると歯髄と呼ばれる歯の神経に達します。神経がう歯によって侵されると強い痛みを感じるようになるため、生活に支障をきたす恐れがあるのです。そのまま治療せずに放置すると、やがて神経が死んでしまい、痛みが治まります。

これは、治ったわけではなく、う歯の影響は続いているのです。その周囲にまで炎症が広がると痛みや腫れなどさまざまな問題が起こるようになります。そのため、う歯が神経に達した際には、根管治療を受ける必要があるのです。

根管治療の流れ

根管治療は、歯の神経を取り除き、神経が入っている根管をきれいにして薬を詰めます。そうすることで、う歯が進行して炎症が拡がるのを防ぐことができるのです。神経を取り除くため、必ず麻酔をしてから行います。この麻酔が痛いために受けるのが怖いという方もいますが、歯科医院によっては痛みが少ない麻酔を使用しています。

根管治療後は必ず定期検診を受ける

根管治療後は必ず定期検診を受ける
神経を取り除いた歯には、栄養が届かなくなります。また、痛みも感じなくなるため、虫歯が再び進行しても気づくことが難しくなるのです。また、栄養不足の歯はもろく、簡単に破損してしまいます。このようなトラブルに気づけずに放置すると、後々大きなトラブルへと発展する恐れがあります。そのため、根管治療後は必ず定期検診を受けることが大切です。

虫歯が進行して根管治療が必要になったということは、他の歯も虫歯になるリスクを抱えているということです。定期検診を受けることは虫歯予防にもつながります。また、ブラッシング指導も受けられるため、セルフケアの質が高まり、虫歯だけではなく歯周病のリスクも抑えられます。

う歯が進行すると、どうしても根管治療が必要になります。根管治療を受けることで、う歯の進行を食い止め、周りの組織に炎症が拡がることを防げるのです。しかし、根管治療を受けると、歯がもろくなってしまいます。う歯が再び進行しても気づきにくくなっているため、歯医者で定期検診を受けることが大切です。根管治療を受けた歯と、その他の歯を守るためにも、セルフケアと定期検診を欠かさないようにしましょう。

PAGE
TOP