歯科コラム

2018.05.05

赤ちゃんの歯を健康に保つ!家庭で出来るケア方法

赤ちゃんは生まれた時には歯が生えていない子がほとんどですが、成長していくにつれてだんだんと小さな歯が生え始めます。実は、この生え始めの赤ちゃんの歯というのは、非常に虫歯になりやすいのです。大人は自分で歯磨きをすることができますが、赤ちゃんにも適切なケアをしてあげることが大切です。今回は家庭でできるケア方法を、ティコニーデンタルが解説します。

赤ちゃんの歯が生えるまでとその兆候

赤ちゃんの歯稀に、生まれた時点で既に歯が生えている子や生後1ヶ月程度で1本目の歯が完全に生えてしまう子もいますが、ほとんどの赤ちゃんは生後6ヶ月頃から乳歯が生え始めます。
この乳歯が生え始めるサインとしては、赤ちゃんがよだれを垂らす量が増え出したらその兆候であるとわかります。離乳食などを噛んで唾液を使って消化する活動の準備ができてはいるのですが、しっかりと出てきた唾液を飲み込む力がないためです。

乳歯は子供の成長そのものに影響する

最初に生えてくる乳歯と呼ばれる歯は、しばらく経って小学生くらいまで成長をするとだんだんと抜けていき永久歯に生え変わります。生え変わるから言って、乳歯のケアを怠ると赤ちゃんの成長にとても大きな影響を引き起こしてしまうのです。乳歯が虫歯になってしまった際に起こる影響の1つ目としては、まず十分な食事を乳幼児期に取ることができなくなります。この時期の栄養は、赤ちゃんの成長全てに影響するため注意が必要です。次に、乳歯が虫歯になることで次に生えてくる永久歯の強度や形、歯並びなどに影響を及ぼす可能性もあります。

赤ちゃんの成長に合わせたケア方法

赤ちゃんの成長に合わせたケア方法赤ちゃんの健やかな成長のためにも乳歯の生え始めからのケアは非常に大切です。成長に合わせて適切なケア方法があるため紹介します。
赤ちゃんがその時食べているご飯に合わせてあげると分かりやすいのですが、生後5ヶ月まではミルクを主に飲んでいるためガーゼで拭き取ってあげるようにしてください。
そして10ヶ月頃からは、離乳食を食べる機会が増えてきますので歯の隙間も掃除ができる赤ちゃん用の歯ブラシ、2歳頃から子供用の歯ブラシを使い始めるようにしてください。

また、歯ブラシを使い始めた時期からどうしても隙間に磨き残しが出てしまうことが気になることもありますが、その際には子供用のデンタルフロスも通常のドラッグストアに置いてあるので、それを使用して仕上げをしてあげることも良いでしょう。また、2歳ころから小児歯科で定期的に歯を見てもらうようにすると指導もしてもらえ安心ですよ。

ADDRESS
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-18-7
ACCESS
Osaka Metro
「四ツ橋駅」・「西大橋駅」・「心斎橋駅」
各駅の4番出口より徒歩1分
診療時間 日・祝
7:00~17:00

※月~金曜日の最終受付 16:30
▲土曜日は、7:00~13:00(※最終受付 12:30)
休診日…土曜午後・日曜・祝祭日

完全予約制・急患随時受付

ご予約・お問い合わせ

TEL06-6536-0800