歯科コラム

2018.04.05

詰め物の種類にはどのような物があるか

虫歯や欠けた歯の治療で歯医者さんから治療方針や詰め物の種類について説明を受ける時に、みなさんは先生から説明された詰め物の素材をすべてご存知でしょうか。ご存じではない、あるいはなんとなくは知っているが名前を言われてもよくわからないという方が多いのではないでしょうか。とくに、これから詰め物を使おうかと考えている方が知っておきたい詰め物(人口歯)の種類についてティコニーデンタルが紹介します。

保険診療で利用される人工歯素材

人工歯素材保険診療では、パラジウム合金(銀歯)がかつてよく使われていました。価格が安くて比較的強度が高いということが理由です。しかし、水銀が溶け出す問題や金属アレルギーを誘発する問題があり、その上、歯や歯茎の変色の原因とも言われることもあり現在ではあまり利用されていません。
コンポジットレジンというプラスチック素材は、保険診療で現在よく使われる素材です。しかし、プラスチックであるため長期間の使用を考えると強度不足であり、食べ物による変色も起こりがちといったデメリットがあります。

自費診療で利用される人工歯素材

治療に最低限必要な素材である保険診療用の人工歯素材に対して、自費診療で利用される素材を利用した人工歯の詰め物としては次のようなものがあります。

■金 
パラジウム合金と同様に長期間の利用に耐えられ金属アレルギーを誘発しにくい金属であることから、高価ではありますが、高齢者を中心に利用者が多い人工歯素材であるといえます。しかし、審美性は損なわれますのでパラジウム合金と同じく、見た目において問題点を持っています。

■セラミック 
セラミックは金属製の人工歯と比べて外目から目立たず審美性が高いことから、目立ちやすい前歯でも利用されることが多くなっています。強度も十分あり、10~20年もつ素材とされています。金属アレルギー発生の心配もありません。しかし、複数の歯の 治療の時などは、自費診療であるため価格が非常に高額になることもあり次のハイブリッドセラミックが選ばれることも多くなっています。

■ハイブリッドセラミック 
レジンとセラミックの混合素材です。オールセラミックよりは価格が抑えられるため広く使われやすい素材ですが、レジンの特徴も持っているため変色しやすい、オールセラミックよりは素材の寿命が短いというデメリットが認められます。

詰め物と被せ物の違い?

詰め物と被せ物の違い詰め物と被せ物では成形の仕方や加工法が異なるなどの違いはありますが、素材は共通のものが使われているということも知っておくと歯医者さんの説明がより分かりやすくなるでしょう。

セラミック治療について詳しくはこちら

ADDRESS
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-18-7
ACCESS
Osaka Metro
「四ツ橋駅」・「西大橋駅」・「心斎橋駅」
各駅の4番出口より徒歩1分
診療時間 日・祝
7:00~17:00

※月~金曜日の最終受付 16:30
▲土曜日は、7:00~13:00(※最終受付 12:30)
休診日…土曜午後・日曜・祝祭日

完全予約制・急患随時受付

ご予約・お問い合わせ

TEL06-6536-0800