歯科コラム

2018.03.05

歯の残り本数と健康寿命は比例します

高齢者の歯の残り本数については、健康寿命と比例するといわれています。歯医者さんでも「8020運動」のポスターをご覧になった方も多いのではないでしょうか。80歳で20本歯を残して健康に過ごそうという啓発運動が8020運動ですよね。
では、歯の残り本数と健康寿命は、具体的にどう関連するのでしょうか。歯を残すと健康寿命が延びることにはいくつかの明確な理由がありますので、ティコニーデンタルと一緒に見ていきましょう。

歯周病で心疾患増加

歯周病で心疾患増加歯を失う大きな原因として歯槽膿漏などの歯周病があげられます。歯周病性の細菌は、冠状動脈まで侵入すると心筋梗塞のような重篤な心疾患を引き起こすことがありますので、健康寿命だけでなく寿命そのものにかかわってきます。

歯をケアすることは糖尿病のケアになる

歯周病は歯を失う主要な原因となりますが、歯周病を十分にケアすることにより原因疾患の一つである糖尿病の発見や適切な治療につながることがあります。糖尿病は、日本人の死因の主要なひとつである脳血管疾患を合併症として引き起こしやすい病気です。
「歯を残したい」と思って歯医者さんをたずねたら、全身の健康状態を改善でき、寿命や健康寿命を延ばすことができたという例も多くあるようです。

噛むことは認知症も予防

歯が残っていて食事を十分に噛むことができれば、脳が活性化され認知機能が向上しひいては、認知症の予防効果があることも知られています。認知症は骨折・事故といった寿命を低下させる原因に結びつき、また、健康に気を遣って生活するといった生活自立度のレベルも否応なく下げてしまいます。噛むことで認知症が予防できることは、健康寿命を延ばす効果も生じることになります。

噛むことは誤嚥性肺炎の予防に

噛むことは誤嚥性肺炎の予防になる噛むことで唾液の分泌が促進されることから、誤嚥性肺炎の予防につながります。高齢者の誤嚥性肺炎はよくみられる重い疾患で主要死因の一つにもあげられています。歯を残すことが寿命や健康寿命を延ばす理由として重要なことがこの病気からもよくわかります。

歯が残っている高齢者は社会参加意欲が高い

歯を残すことは、高齢者のメンタルヘルスにもプラスの影響があると推定させる統計結果がでています。「8020」を達成している高齢者は、そうでない高齢者よりも社会参加活動をしている割合が高いとの結果です。 上に見てきたように歯を残すことは、からだの健康寿命を上げる効果があることから自然な結果ではありますが高齢者が健康寿命を延ばす励みになりそうな結果といえそうです。

ADDRESS
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-18-7
ACCESS
Osaka Metro
「四ツ橋駅」・「西大橋駅」・「心斎橋駅」
各駅の4番出口より徒歩1分
診療時間 日・祝
7:00~17:00

※月~金曜日の最終受付 16:30
▲土曜日は、7:00~13:00(※最終受付 12:30)
休診日…土曜午後・日曜・祝祭日

完全予約制・急患随時受付

ご予約・お問い合わせ

TEL06-6536-0800