歯科コラム

2019.08.11

大人になると増えてくる「二次う蝕」とは?

虫歯の治療をしたはずなのに、詰め物や被せ物の下から新たな虫歯ができてしまった、という経験をお持ちの方も多いと思います。このような虫歯は「二次う蝕」と呼ばれるもので、「二次カリエス」と呼ばれることもあり、一度治療したところの虫歯の再発を意味します。大人になると特に増えてくるこの二次う蝕、今回はこの原因と対策についてご紹介していきます。

二次う蝕の原因

二次う蝕の原因虫歯の治療をしても、実際にもとどおりに治るわけではなく、実際は虫歯で失われた部分を詰め物や被せ物で補っているだけにすぎません。そのため、残っている歯質と人工物との境目から細菌が入り込むと二次う蝕が起こってきます。

境目から細菌が入り込んでしまう原因として、次のようなことが挙げられます。

詰め物・被せ物自体の劣化

二次カリエスの大きな原因としては、詰め物・被せ物といった人工物それ自体の材質の劣化が挙げられます。歯科で使う材料は様々ですが、特に保険で使われる材料はやはりそれなりの材質になってしまうため劣化しやすく、数年後に虫歯の再発が起こりやすくなります。

セメントの劣化

人工物と歯をくっつけるセメントと呼ばれる材料も劣化をします。これもセメントの材質によりけりですが、保険で使用されるものは唾液に溶けてしまいやすく、それによってできた隙間に細菌が入り込み、虫歯を作ってしまいます。

歯磨き不良・間食

歯磨きがきちんとできていない、間食が多い、というような場合、歯垢が周囲にたまってしまいますので、やはり虫歯にはかかりやすくなります。

治療精度の問題

人工物の精度も、二次う蝕にかかるリスクに関係してきます。これは型取りの仕方や材料、人工物を作る技工士の技量などによっても違いが出てきます。一般的には、自費治療の方が型取りを精密に行うことができるなど、治療の精度も高いため、精度が高い技工物に仕上がります。

二次う蝕への対策

二次う蝕への対策二次う蝕を防ぐためには、まずは歯垢をためない生活を心がけることが基本となります。保険の材料であっても、これがしっかりとできている方は二次う蝕が起こりにくくなります。

まずは入念なブラッシングを行うこと、そして、なるべく間食をしないというように、食生活にも注意を払う必要があります。ブラッシング方法については、正しい磨き方で行わなければあまり意味がありませんので、歯科衛生士によるブラッシング指導を受けておくことが大切です。

また、治療に使用する材料をセラミックのような劣化しにくくて精度の高い物にすることで、二次カリエスのリスクを大きく下げることができます。セラミックは保険が適用にならず、保険のものより高額にはなりますが、歯を守ってくれるという点ではやはりそれ相当の価値があります。

歯をしっかり守ってくれるので、歯を長持ちさせられることにもつながっていきます。興味のある方はお気軽にご相談ください。

虫歯治療のページはこちら

ADDRESS
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-18-7
ACCESS
Osaka Metro
「四ツ橋駅」・「西大橋駅」・「心斎橋駅」
各駅の4番出口より徒歩1分
診療時間 日・祝
7:00~17:00

※月~金曜日の最終受付 16:30
▲土曜日は、7:00~13:00(※最終受付 12:30)
休診日…土曜午後・日曜・祝祭日

完全予約制・急患随時受付

ご予約・お問い合わせ

TEL06-6536-0800