早朝診療 朝7:00から診療中!
06-6536-0800

月-金 7:00-13:00 15:00-18:00

土  7:00-13:00 休診/日曜・祝日

診療予約
女性は虫歯になりやすい?!

女性は虫歯になりやすい?!

このことについて聞いた事はありますか?

残念ながら本当なのです。

理由もきちんとあるんです!😳

 

ある種の歯周病菌(プレボテラ・インターメディア)は女性ホルモン(卵胞ホルモン:エストロゲン、黄体ホルモン:プロゲステロン)を好む菌で、女性ホルモンが増えると一気に増殖し、歯周病発症や悪化のリスクを高めます。

女性ホルモンが大量に分泌される思春期と妊娠・出産期は特に注意しなければなりません。月経前後に歯肉が腫れたりすることもあります。😷

一方、加齢と共に女性ホルモンが衰え、更年期に入ると口の中が乾燥してドライマウスになる人が増えます。

女性ホルモンには、皮膚粘膜を保護して潤いを与える働きがあるため、女性ホルモンが減少すると口や肌が乾燥しやすくなるのです。

 

女性であることは、それだけで虫歯や歯周病にかかりやすいとも言えます。

女性のリスクのひとつは、唾液腺のサイズが小さく、分泌量が少ないことです。男性に比べると唾液の中和力である緩衝能が著しく低く、口の中が一度酸性に傾くとなかなか中性に戻りません。

通常、口の中は中性を保っています。食事や間食をする度に、虫歯菌がそれを分解して酸を出すため、口の中が酸性になり、エナメル質からミネラル分が溶け出してしまいます。

その為、虫歯になりやすく、進行もしやすいです。😣

 

また、女性の歯は男性よりもエナメル質の硬度が低く、エナメル質の下にある象牙質は男性よりも薄いことが分かっています。

歯はエナメル質、象牙質、歯髄(神経)の三層構造になっています。防御壁であるはずのエナメル質が弱いというのは、虫歯予防にとって致命的です。また、象牙質が薄ければ虫歯菌が歯髄まで達しやすいということもわかりますよね…。💦

 

毎日の食事間食の摂り方の工夫・歯ブラシ等のセルフケアがとても大切になるのです!!💖

 

女性の皆さん、以上のことをしっかり理解し生活習慣も見直して虫歯対策・予防していきましょうね(^_^)🌈

PAGE
TOP