早朝診療 朝7:00から診療中!
06-6536-0800

月-金 7:00-13:00 15:00-18:00

土  7:00-13:00 休診/日曜・祝日

診療予約
乳歯の虫歯について

乳歯の虫歯について

乳歯は、永久歯に生えかわるまでしか使わないから「虫歯にしても大丈夫」と、思っている人はいませんか

人によっては、永久歯が何本かもともと無い方がいます。大人になっても永久歯の生えかわりがなく1.2本乳歯のまま過ごしている、という例も珍しくありません。

又、乳歯が虫歯になって早く抜けると、歯並びに影響します。そして、歯並びが悪いと磨きにくくて虫歯が増えて悪循環にもなります。

乳歯はエナメル質や象牙質が薄く、虫歯になると、虫歯菌が出す酸であっという間に進行します。すると、口の中に虫歯菌が増え、永久歯も虫歯になりやすく、また、乳歯に虫歯が出来ると、痛みがある歯を避けて噛むクセがつき、顎の成長が不十分で歯並びが悪くなることもあります。

さまざまな所に影響が出てくる乳歯の虫歯は、しっかりと予防しましょう。✨

いい歯並びの為には、離乳食スタート時からよく噛んで、食べる習慣づけを心がけ、乳歯のときから、歯磨きをしっかりすることが大切です。

最初からお子さま一人で上手に歯磨きは出来ないので、お母さんお父さんが行う仕上げ磨きが重要となってきます!

上の前歯が生える1歳頃から仕上げ磨きをスタートし、小学校低学年までは毎日必ずしてあげましょう。

 本人磨き用の歯ブラシは、お子さまのお気に入りのもの、仕上げ磨き用の歯ブラシは、ヘッド部分が小さく、ハンドル部分が長く、毛は柔らかめがおすすめです。

お子さまの為の親御さんへの歯磨き指導も行っていますので、困った事、ご不明な点がありましたら、ご来院の際今日気軽にお尋ね下さい。♪

PAGE
TOP